絶対的に「いい株」は存在しない

バリュー株投資の基本は、「いい株」を「割安な価格」で買うことです。価格はPERやPBRなどの指標を駆使して割安かどうかを判断しますが、「いい株」はどのように判断したら良いのでしょうか。

PERとPBRの本当の意味と使い方

2016.04.15

スクリーニングは無意味

「いい株」とは「いい企業」のことです。企業の特性から、投資に値する銘柄を探そうとする考え方は広く普及しています。

例えば、「ROE10%以上」や「5期以上連続増収増益」など、財務数値でスクリーニングする考え方があります。しかし、単純な数値による選別がうまくいく可能性は高くありません。ちょっとしたツールを使えば誰でも見つけることができるので、人に先んじることが難しい上、過去の実績が将来も続く保証はどこにもないからです。

数値ではなく、企業の定性的な特性から考える人もいます。「業界1位のシェア」「財閥グループ」「IT関連企業」などです。企業の強みを表すものにはなりますが、絶対ということはありません。業界1位でも縮小している業界ではどうしようもないですし、財閥だから絶対的な力を持っている時代でもありません。

企業の評価は時価総額に表れる

私の考え方を率直に言えば、「投資において絶対的にいい株なんて存在しない」ということです。どんな企業でもいいところがあれば、必ず悪いところがあります。企業も人間と同じで、完璧なものはありえません。

それでも、企業が人間と違うところは、評価の良し悪しが最終的に数値として表されることです。数値とは株価のことで、もっと言えば時価総額です。日本で最も時価総額の大きいトヨタ自動車を「悪い企業」という人はほとんどいないでしょう。

時価総額を決めるのは、まずは「業績」です。端的に言えば純利益で、純利益が大きな企業ほど基本的には時価総額が大きくなります。

次に、将来の「成長性」です。あくまで一般的な話ですが、同じ純利益であっても成長性が高そうなIT関連のビジネスは、あまり成長しなさそうな地方銀行よりも高く評価されるでしょう。

最も厄介なのが「リスク」です。リスクとは、業績が安定して続くか、それとも大きく変化し続けるかということです。たとえ平均の業績が同じであっても、良くなったり悪くなったりするよりは安定しているほうが高い評価を受けます。したがって、業績の安定に寄与する「業界におけるシェア」や「企業ブランド」が企業の評価を決定する要因になり得ます。

あるべき評価と市場価格の差に投資

上記の要素をすべてひっくるめて出てくるのが、時価総額です。いい企業は高い時価総額で評価されますし、逆もまたしかりです。

しかし、時価総額の大きい企業の株に投資すればもうかるわけではないのはよくお分かりでしょう。ここに投資のマジックがあります。

単に「いい企業」に投資しても、株価はそれで止まってしまいます。値上がりする株を見つけるには、「ある程度いいけど、なぜか評価されていない企業」を見つけなければならないのです。

そのためには、「業績」「成長性」「リスク」を細かく分析する必要があります。その上で現在の時価総額を確認し、自分の感覚と市場の評価がずれていると感じた場合に「なぜそのずれが生じるのか」を洗い出します。それでも合理的な理由が見つからない場合は、ニュースへの過剰反応など「非合理的な理由」で割安に評価されている可能性があるのです。

つばめ投資顧問では、徹底したロジカル分析を通じて、企業本来の価値と市場価格との差に投資することを信念としています。当社のサービスは現在準備中なので、気になる方は下記のフォームよりメールアドレスをご登録ください。


サイト訪問者限定プレゼント

当社が発行する電子書籍『株式市場の敗者になる前に読む本』(定価 1,200円)を特別に無料で贈呈します。

メールアドレスを登録して、本をダウンロードしてください。

※登録したメールアドレスに当社からのお知らせをお送りする場合があります。

※本気でバリュー株投資を実践するならつばめ投資顧問への入会をご検討ください。



※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。