パイロット運用報告 2019年6月:ほぼ横ばい(年初来+10%)

Print Friendly, PDF & Email

6月の運用成績はほぼ横ばいとなりました。

【出典】myTrade

米中貿易戦争に端を発する景気後退不安とFRBの利下げ観測の間で方向感を欠く展開となりました。振れ幅はあったものの、最終的には前月末とほぼ同じ水準です。取引は1回しか行っていません。

年初から10%のプラスですが、内訳はプラス54%~マイナス6%までばらつきがあります。必ずしも全てがプラスになっているわけではありません。

【出典】SBI証券

それでも大切なのは、なるべく損を小さくして利益を伸ばす「損小利大」です。これを実践するためには、下がった時に買い、いい銘柄を持ち続けることを徹底しなければなりません。

執筆者

執筆者:栫井 駿介

栫井 駿介(かこい しゅんすけ)

つばめ投資顧問 代表
株式投資アドバイザー、証券アナリスト
ビジネス・ブレークスルー(株)「株式・資産形成実践講座」講師

詳細はこちら
サイト訪問者限定プレゼント
あなたの資産形成を加速させる3種の神器を無料プレゼント

プレゼント①『株式市場の敗者になる前に読む本』
プレゼント②『企業分析による長期投資マスター講座』第一章
プレゼント③『YouTubeプレゼン資料』

メールアドレスを送信して、特典をお受取りください。
メールアドレス *
※送信したメールアドレスに当社からのお知らせやお得な情報をお送りする場合があります。

※個人情報の取り扱いは本>プライバシーポリシー(個人情報保護方針)に基づいて行われます。
※送信したメールアドレスに当社からのお知らせやお得な情報をお送りする場合があります。
※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

コメントを残す