楽天モバイルは「負け戦」 どうする楽天?

楽天は今、楽天モバイルで赤字を垂れ流し、証券子会社を売却して資金を確保しなければならないほど苦しい状況です。

なぜこのような状況になってしまったのか、今後どのようになっていくのか、考えてみたいと思います。

楽天モバイルさえ無ければ…

楽天には、【楽天市場】【楽天モバイル】【楽天銀行】【楽天証券】がありますが、実は楽天モバイル以外は好調です。

大きな黒字を出していて、いまだに伸び続けています。

しかし、業績を見ると赤字がどんどん増えています。

その元凶は楽天モバイルです。

モバイル事業に参入したからには基地局を建てていかなければならず、年間数千億~1兆円以上という資金を投じています。

楽天モバイルのユーザーは400万人ほどにはなりましたが、400万人のユーザーが月2,000円支払ったとしても、1年間でおよそ1000億円にしかなりません。

どう見ても厳しいです。

借入金もどんどん増えています。

手元資金を確保するために、直近では楽天銀行の売出しも行われています。

ところがこの売出しも不調で、IPOの仮条件も引き下げることになり、見込みでは1,000億円ほど入る予定だったものが700億円にまで下がっています。

同じように売却を検討しているものが楽天証券で、こちらも売却となると1,000億円くらい手にできると思われます。

しかし、これらを売却したところで、四半期分の赤字を埋め合わせることくらいしかできません。

楽天モバイルが続いていくことを考えるとなお厳しい状況です。

これを受けて、S&P の格付けは「BB」に格下げとなり、”投資不適格”というレベルになってしまっています。

楽天モバイルを続ける限り、現金がどんどん出ていくことになります。

楽天が生き残るためには…?

楽天が生き残るためにはどんな策があるでしょうか。

保有資産売却

これは今行っていることですが、赤字の額に比べると”焼け石に水”程度でしかありません。

楽天モバイルの立て直し

楽天モバイルの売り上げとしてはせいぜい1,000億円で、仮に料金を2倍にしたとしても2,000億円にしかならず、設備投資を賄えるほどではありません。
設備投資は特に初期投資が高くなるものですが、エリアを広げようとすると、なお数千億円単位でお金がかかってきます。
したがって、今は設備投資をとりあえず延期して、『プラチナバンド』を手に入れて打開策としようとしています。
しかし、プラチナバンドを手に入れたとしても設備投資負担が消えるわけでもなく、まだ楽天モバイルの使えるエリアが狭い中でドコモやKDDIから楽天モバイルに乗り換えるとも思えません。

モバイル事業の売却・撤退

いっそモバイル事業からの撤退してしまうという話もありますが、一方では400万人ものユーザーを抱えていて、これを急に辞めるというのはそうそうできるものではありません。
海外のファンドに売却するといっても、立て直しはかなり厳しいと思われます。
唯一買う可能性があるとしたら既に設備を持っている通信事業者ですが、現状でやっていけているところにわざわざ楽天のモバイル事業だけを買う必要はないでしょう。

外部資本の受け入れ

残った唯一の可能性は、楽天本体の赤字を埋めるための増資の交渉です。
この増資の交渉相手となり得るのがKDDIだと思います。

KDDIが楽天を引き受けるか?

KDDIは現時点でも楽天モバイルに対してローミングしていて、現行の設備の親和性は高いと思われますし、KDDIとしても、楽天市場・楽天経済圏を手に入れられればかなりオイシイところです。

KDDIも、ショッピングや金融事業などを行っていて、楽天と同じような動きをしています。

もし、楽天市場や楽天ポイントを共同化する仕組みができるのなら、例えば50%分(議決権分)出資してモバイル設備とともに引き受ける、ということになる可能性があります。

KDDIにとってはモバイル事業を引き受けることには追加コストはかからないので、あとはいかに楽天から有利な条件を引き出すかということになります。

楽天の時価総額は1兆円くらいなので、5,000億円くらいの出資をすれば議決権の50%を取れることになり、もしそうなればその時は楽天の三木谷氏はお役御免となるかもしれません。

これからどうなる?

 手を打つのが遅れるほど楽天が不利に 

安定的な収益を生んでなおかつ成長している金融子会社を売却してまで現金を作らなければならない状況はマイナスでしかありません。
損失が拡大して時価増額が下がると、例えばKDDIが出資する際のお金も少なくて済むようになってしまうので、株主のとっては一刻も早く手を打ってほしいところです。
うまくいっている事業を売却して、結局出資を仰いで乗っ取られてしまうというこの状況は、あの東芝を彷彿させます。

 ユーザーにとっての価値 

楽天は菅元総理の旗印のもと、日本の携帯料金を下げようと動いてきました。
それに発破をかけられて各社「ahamo」「povo」「LINEモバイル」を整備したので、楽天の使命は終えたと言えるのではないでしょうか。
そもそも楽天経済圏を活かすにしても、楽天がキャリアを持つ必要があったのか、MVNOで十分だったのではないかと思います。

 あとは三木谷会長次第 

ここまでくると、あとはもう三木谷会長の決断次第ということになります。
楽天モバイルは明らかに”負け戦”です。
勇気ある撤退というのも重要な戦略です。

楽天はモバイル事業を除けば非常に良い企業であることは間違いないので、ぜひ頭を冷やして経営していただきたいと思います。


YouTubeでも解説しています。

いち早く情報を得たい方は、ぜひチャンネル登録と通知設定をお願いします!

Print Friendly, PDF & Email

執筆者

執筆者:栫井 駿介

栫井 駿介(かこい しゅんすけ)

つばめ投資顧問 代表
株式投資アドバイザー、証券アナリスト
ビジネス・ブレークスルー(株)「株式・資産形成実践講座」講師

詳細はこちら
サイト訪問者限定プレゼント
あなたの資産形成を加速させる3種の神器を無料プレゼント

プレゼント①『株式市場の敗者になる前に読む本』
プレゼント②『企業分析による長期投資マスター講座』第一章
プレゼント③『YouTubeプレゼン資料』

メールアドレスを送信して、特典をお受取りください。
メールアドレス *
※送信したメールアドレスに当社からのお知らせやお得な情報をお送りする場合があります。

※個人情報の取り扱いは本>プライバシーポリシー(個人情報保護方針)に基づいて行われます。
※送信したメールアドレスに当社からのお知らせやお得な情報をお送りする場合があります。
※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

4 件のコメント

  • 楽天モバイルが無ければahamo、povo等は生まれなかった。結果的に携帯料金の値下げに繋がった。楽天モバイルがなくなったら色々理由つけて値上げするだろう。日本には楽天モバイルが必要

    • 匿名さんが、投稿されて、居ますように、楽天は、モバイル 業界を替え、仕事を、してくれました。
      楽天が、なければ、電話☎は、世界一高いまま、でしたと、思います。
      楽天を、潰さない、ことが大切です。
      国民が助けないと、行けないと、思います。
      こう

  • プラチナバンドが今年中に獲得出来きそう、この異例の早さはを考えるとこれで巻き返す可能性もあるよ。

  • コメントを残す

    Popular Article - よく読まれている記事Popular Article

    • 銀行株は今後どうなる?そろそろ売り時?
      今回は銀行株についてです。 銀行株が上がりましたが、もう売るべきなのか、まだ持ち続けるべきなのか、悩んでいる方はぜひお読みください。 売るか...
    • 【紅麹問題の小林製薬】株価20%下落はチャンスか? 過去の成功・失敗事例から学ぶ
      騒動の発端は2016年に遡る 紅麹は米などで紅麹菌を繁殖・発酵させたもので赤い色をしています。コレステロールの抑制作用や血圧低下、リフレッシ...
    • 【アステラス製薬の下方修正】1年で株価40%下落 営業利益90%減少の理由。今は買い?売り?
      アステラスの業績の変化 2024年4月12日、アステラス製薬は下方修正を発表しました。   その内容は、 「24年3月期第4四半期...
    • 株価20%上昇の大林組 3倍になった配当金は続くのか?今から投資するべき?
      大林組はゼネコン業界のNo.2の企業である 大林組はいわゆるゼネコン業界に属している企業です。 ゼネコンとは、ゼネラル・コントラクターの略称...
    • 【HIS】旅行需要回復でも株価が伸びない理由は?投資チャンスか?
      HISは儲かっている? HISは1980年創業の大手旅行代理店です。 格安航空券を仕入れパッケージプランとして販売し、当時敷居が高かった海外...

    Article List - 記事一覧Article List

    カテゴリから記事を探す