【銘柄分析】ニデック(日本電産)

コスト削減の限界

世界トップのモーターメーカーであるニデックです。

一代で築き上げた永守会長の手腕は素晴らしいですが、結論から言うと私はあまり評価していません。

手法としては、オペレーションのコストをとにかく下げて、M&Aにおいても業績が苦しいところをあえて買ってそこもコストを下げて、利益を積み上げて大きくなってきました。

しかし、そのやり方では成長性に疑問があります。

きついコスト削減を延々にやっていると現場は疲弊してきます。

業績を見ても雲行きが怪しいところがあります。

何年かに一度、カクンと利益が下がっています。

これは「構造改革費用」によるものです。

事業の中でおかしな部分が溜まってきたから一掃しようということで、損失をまとめて出しているのです。

これを頻繁にやっていると、一見利益は右肩上がりになっているようですが、上と下を均してみるとほとんど成長していないという見方もできます。

会計的にも無理をしているという話もあります。

きつい現状から脱却するには

企業が付加価値を生む方法は2つあって、一つはコストを下げる方法です。

もう一つは「高付加価値戦略」です。

ニデックほど規模が大きくなってしまうと、永守会長の目が届くところでコスト削減を続けることには限界があると思います。

私は高付加価値戦略を行うべきだと思いますが、永守会長はそうしようとしません。

ニデックの平均年収は500万円くらいとかなり低く、これでは優秀な人材が集まるとは思えません。

退職者も増えているようです。

そういったところが今の不安定な業績に反映されているのではないかと思います。

一時期は永守会長のM&A等の手法がもてはやされて株価がかなり高かったです。

PERも平均しても40倍程度あったものが、今は23倍程度となっています。

割安になったようにも見えますが、これまで説明してきたように、今が良い状況とは思えず、むしろ今が適正な数字ではないかと思います。

株価チャートも一時期は良かったものの今は落ちてきていて、結局2015年くらいからほとんどプラスにはなっていません。

業績的にもこれが適正な評価だと思います。

今後、世代交代が進むのかというところは注目ですが、現時点では投資したいと思える対象ではありません。

Print Friendly, PDF & Email

執筆者

執筆者:栫井 駿介

栫井 駿介(かこい しゅんすけ)

つばめ投資顧問 代表
株式投資アドバイザー、証券アナリスト
ビジネス・ブレークスルー(株)「株式・資産形成実践講座」講師

詳細はこちら
サイト訪問者限定プレゼント
あなたの資産形成を加速させる3種の神器を無料プレゼント

プレゼント①『株式市場の敗者になる前に読む本』
プレゼント②『企業分析による長期投資マスター講座』第一章
プレゼント③『YouTubeプレゼン資料』

メールアドレスを送信して、特典をお受取りください。
メールアドレス *
※送信したメールアドレスに当社からのお知らせやお得な情報をお送りする場合があります。

※個人情報の取り扱いは本>プライバシーポリシー(個人情報保護方針)に基づいて行われます。
※送信したメールアドレスに当社からのお知らせやお得な情報をお送りする場合があります。
※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

コメントを残す

Popular Article - よく読まれている記事Popular Article

  • 銀行株は今後どうなる?そろそろ売り時?
    今回は銀行株についてです。 銀行株が上がりましたが、もう売るべきなのか、まだ持ち続けるべきなのか、悩んでいる方はぜひお読みください。 売るか...
  • 【紅麹問題の小林製薬】株価20%下落はチャンスか? 過去の成功・失敗事例から学ぶ
    騒動の発端は2016年に遡る 紅麹は米などで紅麹菌を繁殖・発酵させたもので赤い色をしています。コレステロールの抑制作用や血圧低下、リフレッシ...
  • 【アステラス製薬の下方修正】1年で株価40%下落 営業利益90%減少の理由。今は買い?売り?
    アステラスの業績の変化 2024年4月12日、アステラス製薬は下方修正を発表しました。   その内容は、 「24年3月期第4四半期...
  • 株価20%上昇の大林組 3倍になった配当金は続くのか?今から投資するべき?
    大林組はゼネコン業界のNo.2の企業である 大林組はいわゆるゼネコン業界に属している企業です。 ゼネコンとは、ゼネラル・コントラクターの略称...
  • 【HIS】旅行需要回復でも株価が伸びない理由は?投資チャンスか?
    HISは儲かっている? HISは1980年創業の大手旅行代理店です。 格安航空券を仕入れパッケージプランとして販売し、当時敷居が高かった海外...

Article List - 記事一覧Article List

カテゴリから記事を探す