ポール・クルーグマン、栫井駿介ほか共著「日本株はどこまで上がるか」が宝島社より発売!

本日、9月8日(金)につばめ投資顧問代表の栫井駿介共著書『日本株はどこまで上がるか』が宝島社より発売されました。

2023年、日経平均は一時33,000円を超え、バブル後の最高値を記録しました。

加えて、世界一の投資家ウォーレン・バフェットが日本の5大商社を買い増したこと、生成AIの登場による半導体需要の増加などで、今日本株は世界中の注目を浴びており、株価も上昇傾向にあります。

本書は、ノーベル経済学賞を受賞したポール・クルーグマン氏をはじめとした経済学者や著名な投資家、計5名が「日本株はどこまで上がるか」というテーマについて自身の考えとその根拠を書いた書籍となっております。

当社代表の栫井が執筆したページでは、日経平均が33年ぶりに高値を更新した背景や日本株が上昇している理由、これからの日本を牽引していく産業や企業、日本株がどこまで上がるのかといった内容について解説しています。

■Amazonでのご購入はこちら
https://amzn.to/45FfOOa

【共著者】
・栫井 駿介
・ポール・クルーグマン
・武者 陵司
・熊野 英生
・ハーディ 智砂子

Print Friendly, PDF & Email

気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

コメントを残す

Popular Article - よく読まれている記事Popular Article

  • 【紅麹問題】それでも小林製薬の株価はなぜ暴落しないのか
    今回は小林製薬を改めて取り上げます。 前回、小林製薬を取り上げてから約3ヶ月が経ちましたが、そこからの進捗と、今何が起こっているのかを示して...
  • 本田技研工業 配当利回り4% PBR0.65倍は投資チャンスか?
    本田技研工業(以下、ホンダ)の株価が好調です。 出典:株探 月足チャート 過去20年の平均PERは約10倍ですが、24年7月9日現在のPER...
  • 配当利回り 3.4%のキリンHDに投資して良い?成長性を考える
    今回は国内大手のビールメーカー、キリンホールディングス(以下、キリン)を分析します。株価は2018年にピークをつけた後、2,000円前後でほ...
  • 半年で株価30%下落のヤマトHDに何が起きている?投資するべきか?
    日経平均が4万2,000円をつけるなど日本市場が盛り上がる中、冴えない企業があります。それはヤマトホールディングス(以下、ヤマト)です。20...
  • 三菱重工が好調!その理由をアナリストが解説
    今回は三菱重工についてです。 これは過去2年のチャートですが、500円台のところから3倍以上に伸びています。 三菱重工に何が起きているのか、...

Article List - 記事一覧Article List

カテゴリから記事を探す