業績拡大なのに株価低迷。イオンモールは長期的な成長を見込めるか?

地方在住や子育て世代なら、イオンモール(8905)にお世話になっている人は多いのではないでしょうか。

私はこの両方にあてはまるので、もはやなくてはならないものです。週末のうち2回に1回は行っている気がします。このGWにも訪れ、モール内はたくさんのお客さんで賑わっていました。

イオンモールをテナントに貸し付ける「不動産業」

ビジネスモデルは、ショッピングモールを建設し、テナントに貸し付ける「不動産業」です。もちろん、テナントにはイオンのスーパーも入ります。地方・郊外を中心に建設を推し進めてきました。

現在は国内176店舗、海外27店舗を展開します。業績は拡大を続け、昨年度も最高益を更新しました。

【出典】みんかぶ

投資家は将来的な陳腐化を懸念?

業績好調な一方で、株価はあまり伸びていません。直近でも年初来安値を更新しています。

チャート画像

業績が伸びているにもかかわらず株価が上がらないため、PERは11倍、PBRは1倍にまで下がっています。業績と株価が乖離するこの動きには、やや違和感を覚えます。

PERが低迷するのは、成長性の鈍化潜在的なリスクが存在する可能性があります。

確かに、国内では主要な地方都市にはすでに出店し尽くした感はあります。店舗数が増えなければ業績を大きく伸ばすのが難しいモデルです。

一方では、モールは古くなると陳腐化してしまいますから、拡大の後には衰退が待っている可能性があります。

海外展開は停滞を補う希望の星

頭打ち感のある国内に対し、希望を見いだせるのが海外進出です。中国や東南アジアに進出し、続々と店舗をオープンさせています。昨年度はついに海外部門の黒字化を達成しました。

【出典】2019年2月期決算説明資料

海外が大きく伸びれば、国内の停滞を補うことができるでしょう。同社は、将来的には営業利益の3割を海外で稼ぐことを想定しているようです。課題を認識し、必要な手立ては打てている印象があります。

「買い物+α」の魅力を出せるか?

それでも、そう簡単にいかないのが事業の難しいところです。

国内はこの5年の間に大きく伸びました。これらが古くなってくれば、客足が遠のく可能性は否定できず、それを引き止めるためにリニューアルすればコストが掛かります。商業系不動産はこの舵取りが難しいのです。

また、買い物をするだけならインターネットの台頭が著しいです。わざわざ足を運んでもらうには、ただ買うだけではない「楽しさ」を打ち出す必要があります

イオンモールは確かに子供用トイレやイベントが充実していて、私を含むファミリー層には大助かりの施設です。しかし、入っているお店は結局のところ寄せ集めですから、これと言った特徴もありません。

長期的な成長のためには、単なる利便性以外に、顧客にとって中毒性のあるものを見いだせなければならないでしょう。これは国内に限らず、リアル店舗を飛び越えてネットが広がる新興国でも同様です。

株価に関しては、PBR1倍が底値になりつつあり、下落リスクは小さいと考えます。当面の間は業績も伸び続ける可能性が高そうです。悪くない投資だとは思います。

ただ、長期的に見れば陳腐化リスクも小さくなく、ビジネスモデルの特性上劇的に伸びるわけではありません。投資資金をより効率的に使うには、より期待値の高い銘柄を探したい気がします。

10月に予定される消費増税は、長期的な成長を見極める試金石になるかも知れません。

Print Friendly, PDF & Email

執筆者

執筆者:栫井 駿介

栫井 駿介(かこい しゅんすけ)

つばめ投資顧問 代表
株式投資アドバイザー、証券アナリスト
ビジネス・ブレークスルー(株)「株式・資産形成実践講座」講師

詳細はこちら
サイト訪問者限定プレゼント
あなたの資産形成を加速させる3種の神器を無料プレゼント

プレゼント①『株式市場の敗者になる前に読む本』
プレゼント②『企業分析による長期投資マスター講座』第一章
プレゼント③『YouTubeプレゼン資料』

メールアドレスを送信して、特典をお受取りください。
メールアドレス *
※送信したメールアドレスに当社からのお知らせやお得な情報をお送りする場合があります。

※個人情報の取り扱いは本>プライバシーポリシー(個人情報保護方針)に基づいて行われます。
※送信したメールアドレスに当社からのお知らせやお得な情報をお送りする場合があります。
※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

3 件のコメント

      • 「業績拡大なのに株価低迷。イオンモールは長期的な成長を見込めるか?」は受信できているのですが、ダウンロードのメールはとどいていないようです。後ほど別のメールアドレスで登録をしてみます。

  • コメントを残す

    Popular Article - よく読まれている記事Popular Article

    • 【住友化学】株価60%暴落の2つの理由 PBR0.4倍だから買って良い? 
      日本の株式市場が盛り上がる中、大きく株価を下げている企業があります。 それは、住友化学です。 出典:株探 24年2月2日の第3四半期決算では...
    • 「まだ上がってない」低PBR銘柄のリストを公開!これから上がりそうな銘柄は?
      東証が企業に対して、割安を解消するような策を示すように要請し、実際に策を示した企業と示していない企業を公表しました。 株価が上がるような施策...
    • 【ダイキン工業】過去最高益でも株価10%暴落する2つの理由 今から投資するべきか?
      ダイキンの株価が決算を受けて10%暴落しました。 出典:株探 ダイキンは日本を代表する優良企業であり、日経平均に対する寄与度も上位5%に入る...
    • 【三菱商事】株価上昇!売るか?買うか?持ち続けるか?数字でわかる三菱商事の盲点とは?
      今回は三菱商事についてです。 直近では上限5,000億円の自己株式取得を行うなど、株主還元にも積極的な姿勢を見せていることで、株価が大きく上...
    • 【ソフトバンクグループ】株価急上昇!今からでも買うべきか?ARMの成長はどこまで続く?
      今回はソフトバンクグループについてです。 ついに株価が上昇してきましたが、その背景にはかつて3.3兆円で買収したARM

    Article List - 記事一覧Article List

    カテゴリから記事を探す