「まだ上がってない」低PBR銘柄のリストを公開!これから上がりそうな銘柄は?

東証が企業に対して、割安を解消するような策を示すように要請し、実際に策を示した企業と示していない企業を公表しました。

株価が上がるような施策を示した、例えば出光興産などは、その後株価が上昇しました。

出典:Google

東証ではこのような動きがあちこちで起こっています。

東証が公表したリストの中から、PBRが低く、まだ割安解消の施策を発表していない企業、つまり、良い施策を発表すれば株価が上がるのではないかという企業をピックアップしてみたいと思います。

上昇前夜?の割安銘柄

東証が公表したリストを、以下の条件でスクリーニングをかけました。

  • 東証プライムに上場している
  • PBR1倍未満
  • ROE5%以上 ※便宜上、直近の決算期の値を採用

この中で私たちが探したい銘柄は、一定の業績を維持してきていて、今後経営の改善が期待できる企業です。

今回は3銘柄をピックアップしてみました。
企業のどういう部分を見て判断したかという点にご注目ください。

大日本塗料

今のPBRが0.55倍で、これが1倍に向けて動くと考えると、2倍くらいの株価上昇の可能性があります。
ROEは6.84%で、そこそこといったところです。これが1~2%上がるだけでも業績の改善や投資家からの評価の改善が期待できます。
まだ経営策を示していないということで、株価が安く据え置かれています。

出典:大日本塗料決算説明資料

これが大日本塗料株式会社の中期経営計画です。
進行中の2023年度までのものなので、おそらく次の中期経営計画を公表する時に東証から要請のあった施策を具体的に示すものと思われます。

出典:マネックス証券

業績は、売上高と利益は上がったり下がったりですが、悪い経営というわけではなく、きちんと利益を確保しています。

出典:マネックス証券

フリーキャッシュフロー(赤線)は基本的にプラスで推移していて、お金は稼いでいる会社だということが分かります。

具体的な経営改善策を打ち出すことができれば評価の向上につながるかと思います。

 

中期経営計画などの開示情報をどのような基準で見ればよいかはこちらの記事をご参照ください。
◆低PBR解消で上がる企業の特徴を初心者にもわかりやすく解説◆

PBRが1倍未満ということは、会社の資産よりも株価の評価が低いということですが、企業によってはお金を手元にため込んでいる場合もあります。
配当を上げたり自社株買いをすることが直接的に効く政策となりますが、長期的に考えると、ROEをいかに向上させていくか、IRを強化して投資家に発信することが株価の上昇につながると考えられます。

 

出典:大日本塗料決算説明資料

大日本塗料の株主還元はやや物足りないものとなっています。
配当性向や自己株式取得が上向きに修正されることがあれば評価されるかもしれません。

出典:Google

株価は直近で少し上がってきていますが、2018年の高値と比べるとまだまだ低いです。

投資家として大事なことは、実際に公表される前にその内容を推測することです。
公表される時には株価は動いてしまっています。

 

クレディセゾン

既に株価が上がってしまっていますが、クレディセゾンをご紹介します。

PBRが0.68倍に対してROEが7.51%と高めになっていて、割安感があります。

出典:クレディセゾン決算説明資料

東証の基準に則ったものは発表していないですが、中期経営計画の中で既にかなり具体的な内容を示しています。
これがさらに具体的になるとより評価も高まると思われます。

出典:マネックス証券

業績は好調で、じわじわ上げてきているのが最近の傾向です。

クレディセゾンのようなクレジットカード事業はストックビジネス的な側面が強いため、変化は小さく少しずつ積もり積もって上がっていく傾向があります。
その中でより良い施策を示せればPBR1倍超えも目指せるかと思います。
現在PBRが0.68倍なので、1倍まで30%ほどの上昇余地があります。

出典:クレディセゾン決算説明資料

株主還元はまだ物足りないもので、これが上乗せされるようなことがあれば株価としても評価されるかと思います。
還元にばかり期待していてもしょうがないところですが、短期的には投資家は望んでいます。

出典:Google

株価は、ここ1年では7割近く上がっているものの、過去の高値と比べるとまだまだですし、PBRを考えると上昇余地があります。
中期経営計画の発表には期待が持てるところです。

ノリタケカンパニーリミテド

PBRが0.7倍で、ROEが8.14%となっています。
PBRとROEには相関関係があり、ROEが上がればおのずとPBRも上がっていくことになります。

失点:マネックス証券

業績は好調で、右肩上がりとなっています。

出典:ノリタケ決算説明資料

株価は若干上がってはいるのですが、中期経営計画は少し弱い印象です。
逆にこれがより洗練されたものが発表されれば、実績はある会社なので面白いと思います。

出典:ノリタケ決算説明資料

配当を変更し、配当性向30%以上としていますが、これもまだ弱いという印象です。

出典:Google

株価はこの1年で8割も上がっています。
割安株が上昇する年だったことが感じられます。
洗練された経営計画を打ち出せれば過去の高値を超えることも考えられます。

割安株への投資は今がラストチャンス?

割安株はある程度上がったらまたしばらく横ばいの状況が続く傾向があるので、割安株に投資するとしたら今がラストチャンスと言えるかもしれません。

私たちの投資スタンスは長期投資で、長期で伸び続ける銘柄を買うというものですが、PBRが低い銘柄の中にも掘り出し物は眠っているかもしれないので、ぜひいろいろな銘柄に目を通してみてください。


今後も長期投資に役立つ情報を発信してまいります。更新情報や有益な情報をお届けしますので、以下のボタンから無料のメールマガジンへご登録ください。

 

Print Friendly, PDF & Email

執筆者

執筆者:栫井 駿介

栫井 駿介(かこい しゅんすけ)

つばめ投資顧問 代表
株式投資アドバイザー、証券アナリスト
ビジネス・ブレークスルー(株)「株式・資産形成実践講座」講師

詳細はこちら
サイト訪問者限定プレゼント
あなたの資産形成を加速させる3種の神器を無料プレゼント

プレゼント①『株式市場の敗者になる前に読む本』
プレゼント②『企業分析による長期投資マスター講座』第一章
プレゼント③『YouTubeプレゼン資料』

メールアドレスを送信して、特典をお受取りください。
メールアドレス *
※送信したメールアドレスに当社からのお知らせやお得な情報をお送りする場合があります。

※個人情報の取り扱いは本>プライバシーポリシー(個人情報保護方針)に基づいて行われます。
※送信したメールアドレスに当社からのお知らせやお得な情報をお送りする場合があります。
※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

4 件のコメント

  • 投資を始めてまだ一か月の初心者です。栫井先生のお話は専門用語もでてきますが分かりやすく、とてもためになり毎回楽しみにしています。どうもありがとうございますm(__)m

  • はじめまして。
    以前から栫井さんに注目してます。
    大変参考になります。
    クレディセゾンは自己資本比率がかなり低いですが
    銀行と同じ財務体質と考えればよいでしょうか?

    • お問い合わせありがとうございます。
      資金を調達して事業を行う金融機関ですので、
      銀行に近い財務状態とお考えいただければ大丈夫です!

  • コメントを残す

    Popular Article - よく読まれている記事Popular Article

    • 【住友化学】株価60%暴落の2つの理由 PBR0.4倍だから買って良い? 
      日本の株式市場が盛り上がる中、大きく株価を下げている企業があります。 それは、住友化学です。 出典:株探 24年2月2日の第3四半期決算では...
    • 「まだ上がってない」低PBR銘柄のリストを公開!これから上がりそうな銘柄は?
      東証が企業に対して、割安を解消するような策を示すように要請し、実際に策を示した企業と示していない企業を公表しました。 株価が上がるような施策...
    • 【ダイキン工業】過去最高益でも株価10%暴落する2つの理由 今から投資するべきか?
      ダイキンの株価が決算を受けて10%暴落しました。 出典:株探 ダイキンは日本を代表する優良企業であり、日経平均に対する寄与度も上位5%に入る...
    • 【三菱商事】株価上昇!売るか?買うか?持ち続けるか?数字でわかる三菱商事の盲点とは?
      今回は三菱商事についてです。 直近では上限5,000億円の自己株式取得を行うなど、株主還元にも積極的な姿勢を見せていることで、株価が大きく上...
    • 【ソフトバンクグループ】株価急上昇!今からでも買うべきか?ARMの成長はどこまで続く?
      今回はソフトバンクグループについてです。 ついに株価が上昇してきましたが、その背景にはかつて3.3兆円で買収したARM

    Article List - 記事一覧Article List

    カテゴリから記事を探す