米景気急回復と金融緩和で待っているのはインフレ―過去最大の警戒水準に達したバフェット指数が意味すること

インフラ投資、ワクチン接種、金利上昇一服で株価上昇 ダウ平均株価は再び最高値を更新しました。その背景には、何よりアメリカの景気回復があります。個人への給付金などの景気刺激策に加え、バイデン大統領は15年で275兆円にも上…

投資初心者がやってはいけないことを解説!証券口座の申し込みが殺到…あなたは「靴磨きの少年」になっていませんか?

バリュー株の上昇が終わる時 株式市場は好調が続きます。特にここのところは、バリュー株への資金の流れが止まらず、相場を押し上げています。銀行株が上がっていることはその代表的な例です。 一方で、これまで好調が続いていたハイテ…

株価下落回避でバブル突入か?バリュー株優位が示すこと。大部分の個人投資家が負ける理由と絶好の買い時

各国は金利上昇を警戒。バリュー株優位が示すこと 今週の株式市場は先週から一転して上昇、ダウ平均株価は再び最高値を更新する状況となりました。 上昇の背景には、長期金利上昇の一服と、アメリカの経済対策並びにECBによる資産買…

日銀の「ステルス・テーパリング」がはじまった。「下がったら買い」はもう通用しない?突然の急落に気をつけろ

金利上昇で株価下落!バイデン政権のトランプ政権との違い 今週の株価は一進一退となりました。米国長期金利の上昇によって高PER株が売られ、ハイテク株で構成されるナスダック指数は年初からの上昇が取り消しになりました。 同様に…

コロナ禍の大規模金融緩和でインフレになるか?金価格の下落と過去30年の日本が示すもの。どんな状況下でも安心できる投資とは?

金融緩和=貨幣価値の低下 今週は「これからインフレが起きるか」について書きたいと思います。 コロナ禍における経済対策として、各国が金融緩和の度合いを強めています。金融緩和には「質的緩和」と「量的緩和」があります。質的緩和…