平均保有期間は5.4ヶ月、上昇率は9.9%

2016年8月に開始した有料会員サービスにおいて、推奨を終えた銘柄のパフォーマンスを集計しました。

平均保有期間は161日(5.4ヶ月)平均上昇率は9.9%でした。

決して満足のいく結果ではありません。トランプ相場もあり、好調な市場のなかにおいて平凡なパフォーマンスだと思います。

会員サービスとしてなるべく毎週銘柄を紹介しようとしたことから、十分な厳選投資が行われなかったという反省点もあります。つい欲を出し、絶好の売却タイミングを逃した銘柄もありました。

一方で、「守りの投資」としてのバリュー株投資は機能していると考えます。本質的な価値に対して割安な銘柄を買うことで、大きな損失を避けられています。現在推奨中の銘柄も、6銘柄中5銘柄は含み益の状態です。

これまでの反省をもとに、さらに割安・厳選投資を追求してまいります。引き続き、よろしくお願い申し上げます。

Print Friendly, PDF & Email

執筆者

執筆者:栫井 駿介

栫井 駿介(かこい しゅんすけ)

つばめ投資顧問 代表
株式投資アドバイザー、証券アナリスト
ビジネス・ブレークスルー(株)「株式・資産形成実践講座」講師

詳細はこちら

気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

コメントを残す

Popular Article - よく読まれている記事Popular Article

  • 【紅麹問題】それでも小林製薬の株価はなぜ暴落しないのか
    今回は小林製薬を改めて取り上げます。 前回、小林製薬を取り上げてから約3ヶ月が経ちましたが、そこからの進捗と、今何が起こっているのかを示して...
  • 本田技研工業 配当利回り4% PBR0.65倍は投資チャンスか?
    本田技研工業(以下、ホンダ)の株価が好調です。 出典:株探 月足チャート 過去20年の平均PERは約10倍ですが、24年7月9日現在のPER...
  • 配当利回り 3.4%のキリンHDに投資して良い?成長性を考える
    今回は国内大手のビールメーカー、キリンホールディングス(以下、キリン)を分析します。株価は2018年にピークをつけた後、2,000円前後でほ...
  • 半年で株価30%下落のヤマトHDに何が起きている?投資するべきか?
    日経平均が4万2,000円をつけるなど日本市場が盛り上がる中、冴えない企業があります。それはヤマトホールディングス(以下、ヤマト)です。20...
  • 三菱重工が好調!その理由をアナリストが解説
    今回は三菱重工についてです。 これは過去2年のチャートですが、500円台のところから3倍以上に伸びています。 三菱重工に何が起きているのか、...

Article List - 記事一覧Article List

カテゴリから記事を探す