真のリスクはトランプ弾劾ではない

トランプ大統領の弾劾のリスクが高まったことから、市場は弱気に転じています。しかし、最近の好調な相場は期待先行の危ういものであり、トランプ政権のおぼつかなさを見れば十分に予見できたことです。

バリュー株投資家として成功するには、「期待」のような不確実なものをなるべく避け、経済の実態を見極めることが肝心です。先週(5月13日付)の有料会員向けレポートの一部を公開します。

好調なマーケットに浮かれない

フランス大統領選挙ではマクロン氏が勝利し、政治的リスクの懸念が後退したことからマーケットは安堵からの小康状態を維持しています。国内企業の決算発表でも大きなサプライズはなく、日米ともに株価はここ1年間で最高の水準です。

欧州に関しては6月にイギリスおよびフランス、9月にドイツの議会選挙が控えますが、マーケットの波乱要因となる可能性は低いでしょう。そもそも選挙が経済実体に直ちに影響を与えるとは考えていません。

おぼつかないのはアメリカの政治状況です。トランプ大統領がFBI長官を罷免したことで、批判が高まっています。選挙中の自身のロシアとのつながりを調査しようとしたためだとも言われ、「第2のウォーターゲート事件」ではないかと騒がれています。

大統領に「重罪や軽罪」があれば、議会は弾劾裁判により罷免することができます。上記が認められるとすれば、共和党主流派の思惑次第では弾劾裁判を起こすことありうるでしょう。

もし弾劾裁判に至らなかったとしても、国内の信任を得られないトランプ大統領に共和党主流派が加勢するメリットはありません。そうなれば、この半年間株価を牽引してきた減税やインフラ投資は絵に描いた餅となり、市場の期待は剥落するでしょう。

もちろん、それも経済実体にただちに影響を与えるわけではありません。しかし、現在の株価は政策への「期待感」に支えられている部分が少なからずあり、それに乗ることは適当ではないと考えます。

私たちにできることは、実体の伴わない割高なものには手を出さないことです。一方で、経済は政治に関係なく刻一刻と変化するものですから、その動きを定点観測しながら、次の一手に思いを巡らすことが必要でしょう。

裏にはいつも中国あり

当社サイトで以下の記事を公開しました。

【参考】東京エレクトロン(8035)はどこまで伸びるか?

半導体製造装置の東京エレクトロンの業績が好調ですが、その実態を調べるほど、裏では中国の存在が際立ちます

「半導体製造装置」の受注が好調ということは、もちろん「半導体」の生産が好調なことを意味しています。そして、半導体の販売先を調べると、世界販売の3分の1から半分は中国だということがわかります。

半導体の最終的な利用先はスマートフォンが中心だと考えられますが、世界的にはその需要も頭打ちが懸念されています。特に、先進国での普及率は高く、これから急速に伸びるわけではなさそうです。伸びるとしたら新興国です。

いま伸びているのは中国国内の需要が中心です。スマートフォンの出荷台数でも、すでに世界の3分の1は中国です。中国の消費は世界のトレンドからはやや遅れながらも、圧倒的な人口規模によりこの波を作り上げているのでしょう。

しかし、いくら人口が多いとは言え、需要はどこかで必ず頭打ちとなります。その要因は製品が消費者に行き渡るか、景気が悪化し生産が鈍った場合です。

中国経済は2015年に一度落ち込みかけましたが、政府のてこ入れにより盛り返しています。しかし、それはインフラや不動産投資によるもので、いつまでも続くものではありません。無理をしている部分も少なからずあるでしょう。

今年の秋には5年に一度の中国共産党大会が開催されます。政府によるてこ入れが積極的に行われるのはそれまでという観測もあり、その後の中国経済には特に注意を払う必要があります。

中国はすでに世界第2位の経済大国であり、その動きはスマートフォン・半導体だけではなくあらゆる経済事象に影響を与えます。それを恐れるのではなく、よく知っておくことで不測の事態が起きても冷静に対処できるでしょう。

Print Friendly, PDF & Email

執筆者

執筆者:栫井 駿介

栫井 駿介(かこい しゅんすけ)

つばめ投資顧問 代表
株式投資アドバイザー、証券アナリスト
ビジネス・ブレークスルー(株)「株式・資産形成実践講座」講師

詳細はこちら
サイト訪問者限定プレゼント
あなたの資産形成を加速させる3種の神器を無料プレゼント

プレゼント①『株式市場の敗者になる前に読む本』
プレゼント②『企業分析による長期投資マスター講座』第一章
プレゼント③『YouTubeプレゼン資料』

メールアドレスを送信して、特典をお受取りください。
メールアドレス *
※送信したメールアドレスに当社からのお知らせやお得な情報をお送りする場合があります。

※個人情報の取り扱いは本>プライバシーポリシー(個人情報保護方針)に基づいて行われます。
※送信したメールアドレスに当社からのお知らせやお得な情報をお送りする場合があります。
※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

コメントを残す

Popular Article - よく読まれている記事Popular Article

  • 【住友化学】株価60%暴落の2つの理由 PBR0.4倍だから買って良い? 
    日本の株式市場が盛り上がる中、大きく株価を下げている企業があります。 それは、住友化学です。 出典:株探 24年2月2日の第3四半期決算では...
  • 【ダイキン工業】過去最高益でも株価10%暴落する2つの理由 今から投資するべきか?
    ダイキンの株価が決算を受けて10%暴落しました。 出典:株探 ダイキンは日本を代表する優良企業であり、日経平均に対する寄与度も上位5%に入る...
  • 【三菱商事】株価上昇!売るか?買うか?持ち続けるか?数字でわかる三菱商事の盲点とは?
    今回は三菱商事についてです。 直近では上限5,000億円の自己株式取得を行うなど、株主還元にも積極的な姿勢を見せていることで、株価が大きく上...
  • 【ソフトバンクグループ】株価急上昇!今からでも買うべきか?ARMの成長はどこまで続く?
    今回はソフトバンクグループについてです。 ついに株価が上昇してきましたが、その背景にはかつて3.3兆円で買収したARM
  • 【ニデック(旧 日本電産)】永守重信氏の経営手法は通用しているのか?
    今回はニデック(旧 日本電産)のお話です。 日本電産は永守重信さんが率いる企業で、彼は「御大」とも呼ばれるほどの強烈な方です。 ニデックは直...

Article List - 記事一覧Article List

カテゴリから記事を探す