楽天銀行IPO仮条件引下げ 安くなって買える?

今回は楽天銀行IPOの仮条件が引き下げられた件について解説します。

短くまとめたのでぜひ最後までお読みください。

仮条件引下げのワケ

上場の承認が出た3月22日時点では、1,630円~1,960円という仮条件でした。

しかし、4月5日には1,300円~1,400円に引き下げられました。

引下げの理由としては以下のものが挙げられます。

  • SVB破綻やクレディ・スイス問題による金融不安
  • 銀行株の下落
  • 住信SBIネット銀行の上場→仮条件の”下限”で上場
  • 楽天銀行自体の不人気

簡単に言うと、とにかく人気が無いということです。

今回の楽天銀行の上場も、親会社の楽天グループの携帯事業の赤字を穴埋めするためのものという側面があり、後ろ向きな上場に見えてしまいます。

買いやすくはなった

価格が下がるということは、バリュエーション的に買いやすくなるという側面もあります。

引下げ前の水準だとかなり高いところだったものが、他の銀行に比べて”高くはない”という程度にはなりました。

純粋に「楽天銀行に将来性はあるか」という考え方ができる価格です。

楽天銀行の成長可能性は?

楽天銀行には課題もあります。

  • 楽天経済圏・親会社依存
  • 成長戦略描ききれず(預金の貸出先、人材の不足)
  • 追加売却の可能性→追加売却なら需給が悪化

 

一方で、成長に期待ができる面もあります。

  • 預金・業績は伸長
  • 余剰資金運用による収益拡大
  • 金利上昇の可能性

買ってよいか

結局、買ってよいものなのか、最後に私の考えをまとめます。

  • 仮条件の引き下げにより割高感なくなり、止めるほどではなくなった
  • ただし、成長戦略が描ききれず、長期で買いとは言い難い
  • とりあえず買って、様子をみるのはアリ

決してオススメはしませんが、仮条件が引き下がったことにより、取引先との付き合いやIPOディスカウントなどの面から、”とりあえず買い”ができる水準にはなったのではないかと思います。


YouTubeでも解説しています。

いち早く情報を得たい方は、チャンネル登録と通知設定をお願いします!

Print Friendly, PDF & Email

執筆者

執筆者:栫井 駿介

栫井 駿介(かこい しゅんすけ)

つばめ投資顧問 代表
株式投資アドバイザー、証券アナリスト
ビジネス・ブレークスルー(株)「株式・資産形成実践講座」講師

詳細はこちら

気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

コメントを残す

Popular Article - よく読まれている記事Popular Article

  • 【紅麹問題】それでも小林製薬の株価はなぜ暴落しないのか
    今回は小林製薬を改めて取り上げます。 前回、小林製薬を取り上げてから約3ヶ月が経ちましたが、そこからの進捗と、今何が起こっているのかを示して...
  • 本田技研工業 配当利回り4% PBR0.65倍は投資チャンスか?
    本田技研工業(以下、ホンダ)の株価が好調です。 出典:株探 月足チャート 過去20年の平均PERは約10倍ですが、24年7月9日現在のPER...
  • 配当利回り 3.4%のキリンHDに投資して良い?成長性を考える
    今回は国内大手のビールメーカー、キリンホールディングス(以下、キリン)を分析します。株価は2018年にピークをつけた後、2,000円前後でほ...
  • 半年で株価30%下落のヤマトHDに何が起きている?投資するべきか?
    日経平均が2万2,000円をつけるなど日本市場が盛り上がる中、冴えない企業があります。それはヤマトホールディングス(以下、ヤマト)です。20...
  • 三菱重工が好調!その理由をアナリストが解説
    今回は三菱重工についてです。 これは過去2年のチャートですが、500円台のところから3倍以上に伸びています。 三菱重工に何が起きているのか、...

Article List - 記事一覧Article List

カテゴリから記事を探す