バフェットに学ぶ「堅実な投資」~次に買う日本株は「保険会社」?

バフェットが再び日本円の債券を発行し、また日本株に投資するだろうと言われています。
なぜバフェットが日本株にそんなに魅力を感じているのでしょうか。
それは、バフェットの投資が堅実であるからだと考えます。
これらの投資手法を通じて、バフェットの堅実な投資を学んでいただければと思います。

バフェットが日本株買い増しか

バフェットが円建ての債券を発行したというニュースが出ています。
調達額は1220億円ということです。
バフェットが日本円を調達しているのは2019年からで、これまでの動きを見ると、円建ての債券を発行したということは日本株に投資するということになります。

 

バフェットが日本株に投資した理由としては、日本の商社を買って、ドルに対するリスクヘッジを行ったということがあると思われます。

また、日本だと金利1%以下の資金を調達することができ、それを超える利回りを持つ株式に投資することがバフェットの戦略の一環とされています。
日本の商社は配当利回りが高く、その戦略に向いていたのです。
金利1%で資金を調達し、利回り5%で運用すれば確実に利益が出るというものです。

 

バフェットが2019年に投資した商社の株価は2倍から3倍に上昇しました。

出典:Yahoo!ファイナンス

その理由にはバフェットが投資したこと自体が影響している可能性もありますが、資源価格の上昇も商社の利益を増やし、株価の上昇に寄与しています。

商社は資源権益を買っていて、その投資先が増えるほど利益も増していきます。
同時に企業にも投資をして企業からも配当を得たり、連結対象となって利益をあげたりしています。
これらの動きによって商社は実は長期的に業績を伸ばしてきていて、配当も増加しています。
バフェットはこれらの要素を高く評価しているものと思われます。

 

バフェットはまだ商社株を買い増す可能性があると述べています。
三菱商事は約150年続いている企業で、バフェット自身はこれから100年生き残る会社だと評価しています。
アメリカの投資ルールにより10%を超えると様々な手続きが必要なため、その手前の9.9%まで買うかもしれないと述べていて、実際に円債を発行するなどそれに向けて動いているように見えます。

 

難しいところは、配当自体は増えているものの配当利回りが現在では3%ほどに減少していることです。
配当の面で考えると、今買ううまみがそこまで大きくないということになります。

また、今は資源価格が下がってきていることや、円高に転じて円安の利点を享受できなくなる可能性を考えると、今商社を買うことには疑問があります。
むしろ、資源価格が下がるのだとしたら下がった時に買えばいいのではないかという考えもあります。

 

バフェットが実際に商社を買い増すかということよりも、重要なことは彼がなぜ商社を買ったかということです。

バフェットが商社を買った理由

  • 配当利回りが高い
  • EPSや配当が継続的に増加している
  • よく知っているビジネス

 

バフェットの考え方を理解することで、堅実な投資をするためにはどういうところにに投資すべきかが見えてきます。
バフェットは高齢ということもあり、堅実な投資にシフトしているように感じます。
その投資先として、割安に評価されている日本株はちょうどよかったのではないかと推察されます。

バフェットが次に買うのは…?

商社は今少し高くなっていると述べましたが、バフェットが次に買うとしたらどこを買うかという点について考えてみたいと思います。

私が一つ挙げるのは保険会社です。

出典:マネックス証券

配当が高めになっているからです。
業績も好調で純利益が右肩上がりに伸び、配当も着実に増えています。

出典:マネックス証券

長期的に続く企業であり、日本では知らない人がいないほどの歴史を持ち、海外展開もあって、商社と合致する部分も多いかと思います。
さらに、配当利回りが高いということは割安ということでもあります。
PERを見ても比較的低い数字です。

損保ホールディングスに関してはビッグモーターの件で安くなっている側面もありますが、業績を見る限りではバフェットの選択肢に入ってもおかしくないと思います。
しかもバフェットは保険業界に深く関わっており、バークシャーハサウェイが子会社として持つ外資系損害保険会社も成功していることから、この分野にはバフェットとの親和性が高い可能性があります。

 

懸念として挙げられるのは、保険会社は日本だけでなく海外にも存在し、アクサなどもっと利回りの高い企業もあるので、わざわざ日本の保険会社を選ぶかということがあります。

ただ、円で調達したことは事実ですし、円安の状況を考えると買いの局面なのではないかと思います。

株価に関しても、上記の保険会社は上昇傾向にあります。
保険会社は一気には伸びにくいビジネスではありますが、堅実に伸ばしてきています。

災害時には支払うものが増えるため、赤字になることもあったりしますが、堅実性は高い投資になると思います。

バフェットの「堅実な投資」とは?

  • 目先の利益にとらわれない
  • 「永続する」ことを重視する
  • 自らの「能力の輪」を意識
  • 配当は大事
  • したたかに行動する

これらの行動を、周りの意見に惑わされずに続けていくことが、長期投資では大事になってくると思います。

参考書籍として『株式投資の未来』を紹介します。ぜひご一読ください。

 

株式投資に唯一の方法はありませんが、選択肢を多く持つためにも、様々な手法を知ることが大事です。
「堅実な投資」に関しては、今回の内容を参考にしていただきたいと思います。


今後も長期投資に役立つ情報を発信してまいります。更新情報や有益な情報をお届けしますので、以下のボタンから無料のメールマガジンへご登録ください。

 

YouTubeチャンネルもよろしくお願いします!

 

Print Friendly, PDF & Email

執筆者

執筆者:栫井 駿介

栫井 駿介(かこい しゅんすけ)

つばめ投資顧問 代表
株式投資アドバイザー、証券アナリスト
ビジネス・ブレークスルー(株)「株式・資産形成実践講座」講師

詳細はこちら
サイト訪問者限定プレゼント
あなたの資産形成を加速させる3種の神器を無料プレゼント

プレゼント①『株式市場の敗者になる前に読む本』
プレゼント②『企業分析による長期投資マスター講座』第一章
プレゼント③『YouTubeプレゼン資料』

メールアドレスを送信して、特典をお受取りください。
メールアドレス *
※送信したメールアドレスに当社からのお知らせやお得な情報をお送りする場合があります。

※個人情報の取り扱いは本>プライバシーポリシー(個人情報保護方針)に基づいて行われます。
※送信したメールアドレスに当社からのお知らせやお得な情報をお送りする場合があります。
※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

コメントを残す

Popular Article - よく読まれている記事Popular Article

  • 【住友化学】株価60%暴落の2つの理由 PBR0.4倍だから買って良い? 
    日本の株式市場が盛り上がる中、大きく株価を下げている企業があります。 それは、住友化学です。 出典:株探 24年2月2日の第3四半期決算では...
  • 「まだ上がってない」低PBR銘柄のリストを公開!これから上がりそうな銘柄は?
    東証が企業に対して、割安を解消するような策を示すように要請し、実際に策を示した企業と示していない企業を公表しました。 株価が上がるような施策...
  • 【ダイキン工業】過去最高益でも株価10%暴落する2つの理由 今から投資するべきか?
    ダイキンの株価が決算を受けて10%暴落しました。 出典:株探 ダイキンは日本を代表する優良企業であり、日経平均に対する寄与度も上位5%に入る...
  • 【三菱商事】株価上昇!売るか?買うか?持ち続けるか?数字でわかる三菱商事の盲点とは?
    今回は三菱商事についてです。 直近では上限5,000億円の自己株式取得を行うなど、株主還元にも積極的な姿勢を見せていることで、株価が大きく上...
  • 【ソフトバンクグループ】株価急上昇!今からでも買うべきか?ARMの成長はどこまで続く?
    今回はソフトバンクグループについてです。 ついに株価が上昇してきましたが、その背景にはかつて3.3兆円で買収したARM

Article List - 記事一覧Article List

カテゴリから記事を探す