個人投資家にとってのキャッシュ・ポジションの重要性

今回は現金を持つことの重要性についてお話しします。資産運用において現金を多く持っていることは、「お金を眠らせている」意味で投資効率を下げるとされています。しかし、私はそうは思いません。その理由は大きく3つあります。

  1. 株価下落時の待機資金
  2. 短期的な相場下落リスク軽減
  3. いざというときの備え

チャンスを逃さない!「株価下落時の待機資金」

バリュー株投資の基本的な考え方は、株価が大きく値下がりしたときに集中的に投資することです。しかし、投資資金をすべて運用資金に投入していたら、いざというときに投資できるだけのお金がなく、みすみすチャンスを逃してしまいます

一部を売却して購入資金に充てるという考え方もあるかもしれません。しかし、バリュー株投資では、そもそも本質的な価値を下回る銘柄にのみ厳選して投資を行います。そのため、原則として「売却して良い」銘柄は保有していないのです。

慌てて折角購入した割安銘柄を手放してしまったら、その銘柄が上昇したときの「果実」を逃してしまうかもしれないのです。こんなことを繰り返していては、なかなかパフォーマンスは上がらないでしょう。

そう考えると、いざという時に出動できる一定の現金をあらかじめ確保することが望ましいいでしょう。例えば、運用に充てられる資金のうち「30%現金として保有する」というマイ・ルールを定めても良いでしょう。

また、現段階で十分な資金を用意できていないのなら、毎月の収入から一定額を現金で積み立てておいて、貯まった資金をチャンスに備えた「プール金」として準備しておくのも有効な手立てになるでしょう。

分散投資より効果的「短期的な相場下落リスク軽減」

バリュー株投資のもう一つの重要な点は「出来る限りリスクを減らすこと」です。もちろん、株価が本質的な価値を下回る割安な銘柄に投資をしていれば、長期的なリスクを軽減できます。しかし、どんな銘柄も相場全体の大きな下落には逆らうことはできません

保有資産を全て株式で持っていたとしたら、相場が大きく値下がりしたときには資産全体が大きく目減りしてしまいます。景気後退時には、マネーそのものの収縮から不動産や外貨も下落してしまう可能性が高く、分散はあまり意味を持ちません

その点、現金はマネーが収縮したとしても目減りすることはありません。ポートフォリオの一部を現金で保有していれば、相場全体の下落による資産の目減りを軽減できるのです。

また、相場全体の下落局面こそ、バリュー株投資にとって絶好のチャンスです。そのときに資産の目減りによる精神的な落ち込みを回避し、追加投資するための現金があれば、時間的な集中投資によりパフォーマンスを一層向上させることができるでしょう。

すなわち、現金を持つことはリスクとチャンスに同時に備えることになるのです。

現金は何にでも使える「いざという時の備え」

現金の最大のメリットは、実物資産やサービスを買えることです。

個人投資家は、株式投資だけをして生活しているわけではありません。生きていく上では予想している・いないにかかわらず、お金が必要な場面が訪れます。

例えば、地震が起きて家が全壊してしまったとします。幸い命が助かっても、その先の生活を立て直さなければなりません。地震保険をかけていたとしても、おりる保険金は資産額の半分までです。

家を立て直そうにも、そのときに相場が落ち込んでいたら保有株を売却するのも躊躇するでしょうし、そもそもそんなことを考える余裕もありません。そのようなときに、すぐに使える現金があれば、何よりも重宝するでしょう。

地震は少しオーバーなケースですが、多くの人は医療保険に加入して「万が一」に備えています。しかし、よほどのことがなければ社会保険によりカバーされ、多額の支出は必要ありません。百万円もあれば十分な備えになるでしょう。

保険金は定められた場合にしか利用できず、例えば医療保険と損害保険は別でかけなければなりません。その点、現金で持っていれば何にでも使うことができます

そう考えると、毎月保険金を払って保険会社を潤わせるくらいなら、現金として持っておき、投資パフォーマンスの向上を目指すと同時に、何かあった時の備えにした方が良いというのが私の考えです。

「キャッシュ・イズ・キング」いう言葉があるように、現金は何よりも強い資産です。その重要性を認識し、すべての資金を運用に投じるのではなく、ある程度の現金を確保しながらポートフォリオを考えることをおすすめします。

Print Friendly, PDF & Email

執筆者

執筆者:栫井 駿介

栫井 駿介(かこい しゅんすけ)

つばめ投資顧問 代表
株式投資アドバイザー、証券アナリスト
ビジネス・ブレークスルー(株)「株式・資産形成実践講座」講師

詳細はこちら

気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

コメントを残す

Popular Article - よく読まれている記事Popular Article

  • 【紅麹問題】それでも小林製薬の株価はなぜ暴落しないのか
    今回は小林製薬を改めて取り上げます。 前回、小林製薬を取り上げてから約3ヶ月が経ちましたが、そこからの進捗と、今何が起こっているのかを示して...
  • 本田技研工業 配当利回り4% PBR0.65倍は投資チャンスか?
    本田技研工業(以下、ホンダ)の株価が好調です。 出典:株探 月足チャート 過去20年の平均PERは約10倍ですが、24年7月9日現在のPER...
  • 配当利回り 3.4%のキリンHDに投資して良い?成長性を考える
    今回は国内大手のビールメーカー、キリンホールディングス(以下、キリン)を分析します。株価は2018年にピークをつけた後、2,000円前後でほ...
  • 半年で株価30%下落のヤマトHDに何が起きている?投資するべきか?
    日経平均が4万2,000円をつけるなど日本市場が盛り上がる中、冴えない企業があります。それはヤマトホールディングス(以下、ヤマト)です。20...
  • 三菱重工が好調!その理由をアナリストが解説
    今回は三菱重工についてです。 これは過去2年のチャートですが、500円台のところから3倍以上に伸びています。 三菱重工に何が起きているのか、...

Article List - 記事一覧Article List

カテゴリから記事を探す