NISA投資に最適な高配当銘柄

NISA投資の代表的な戦略として、高配当銘柄への投資があります。配当は確実なリターンとして受け取れる上、株価の下支え要因ともなります。バリュー株投資とも相性のいい指標です。

配当利回りは高いほどいいが、ただ高ければいいわけでもない

配当利回りのランキングはYahoo!ファイナンスなどで確認することができます。高いところでは5%以上あり、高利回り銘柄への誘惑は尽きません。

配当利回りが5%あれば、100万円投資すれば配当は毎年5万円です。NISA以外だと4万円になるところ、NISAだと丸々もらえます。預貯金の金利が限りなくゼロとなっていることを考えると、とても美味しく感じるでしょう。

ところが、純粋に高い順がいいかと言うと、決してそうではありません。いくら配当をたくさんもらっても、値下がりして投資した金額が減ってしまっては元も子もないからです。

したがって、高配当株へ投資する際には

  1. 高配当利回り
  2. 安定した配当実績があり
  3. 将来も配当を続ける財務・業績的余裕がある

銘柄を選ばなければなりません。

ケース・スタディ

三井物産

高配当利回りの代表格として、総合商社が挙げられます。その中でも特に高いのが三井物産です。配当利回りは2016年3月3日時点で4.54%あります。

三井物産の配当は一定ではなく、業績に連動させた配当を行っています。

三井物産配当

業績によって減額することもありますが、まずまずの実績と言っていいと思います。なお、2015年度は前年と同じ年間64円(中間配当の32円は実施済み)を予定しています。

業績に関しては、原油価格下落の影響により2015年度は減収減益の予想です。しかし、赤字になるほどではなく、過去20年を遡っても最終赤字になったことはありません。自己資本比率も30%以上と安定しています。

業績連動配当ということで、今後の原油価格やビジネス展開に注視が必要ですが、投資金額も約14万円と比較的NISAでの投資に向いていると言っていいでしょう。

日本アジアグループ

配当利回りランキングを見て高い配当利回りが目を引くのが日本アジアグループです。その数字は5.47%にもなります。

ところが、IR資料をよく見ると、2015年度は何と10期ぶりの配当であることがわかります。しかも、年間配当30円のうち、20円は東証一部上場の記念配当で、すでに支払われているものです。来年度は10円になってしまう可能性が高いと言えます。

この会社は不動産や証券会社を束ねるコングロマリットですが、業績面も安定していません。過去10年間で実に5度の最終赤字を計上しています。最近は調子が良いようですが、外部環境次第でまたどうなるか不透明です。

IR資料をよく見ればわかることではありますが、単純に配当利回りで投資をしてはいけない好例と言えるでしょう。

高配当株投資は入門編として最適

配当利回りを基準とした投資は考え方が比較的わかりやすく、決まった時期に入金があるので実感も湧きやすいです。NISA口座を開設したら、まずはここから始めてみてはいかがでしょうか。

Print Friendly, PDF & Email

執筆者

執筆者:栫井 駿介

栫井 駿介(かこい しゅんすけ)

つばめ投資顧問 代表
株式投資アドバイザー、証券アナリスト
ビジネス・ブレークスルー(株)「株式・資産形成実践講座」講師

詳細はこちら

気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

コメントを残す

Popular Article - よく読まれている記事Popular Article

  • 【紅麹問題】それでも小林製薬の株価はなぜ暴落しないのか
    今回は小林製薬を改めて取り上げます。 前回、小林製薬を取り上げてから約3ヶ月が経ちましたが、そこからの進捗と、今何が起こっているのかを示して...
  • 本田技研工業 配当利回り4% PBR0.65倍は投資チャンスか?
    本田技研工業(以下、ホンダ)の株価が好調です。 出典:株探 月足チャート 過去20年の平均PERは約10倍ですが、24年7月9日現在のPER...
  • 配当利回り 3.4%のキリンHDに投資して良い?成長性を考える
    今回は国内大手のビールメーカー、キリンホールディングス(以下、キリン)を分析します。株価は2018年にピークをつけた後、2,000円前後でほ...
  • 半年で株価30%下落のヤマトHDに何が起きている?投資するべきか?
    日経平均が4万2,000円をつけるなど日本市場が盛り上がる中、冴えない企業があります。それはヤマトホールディングス(以下、ヤマト)です。20...
  • 三菱重工が好調!その理由をアナリストが解説
    今回は三菱重工についてです。 これは過去2年のチャートですが、500円台のところから3倍以上に伸びています。 三菱重工に何が起きているのか、...

Article List - 記事一覧Article List

カテゴリから記事を探す