有料会員を300名(残り約100名)に限定します。今だけ入会金無料!

【概要】
(1)サービス品質確保のため、有料会員を300名に限定
(2)パイロット運用やWebセミナーのサービスを新たに開始
(3)当面の間入会金無料(300名に達し次第終了)

(1)有料会員を300名に限定

いつも記事をお読みいただき、ありがとうございます。

つばめ投資顧問は、おかげさまで約200名の有料会員に支えられています。「いい銘柄を安く買い、持ち続ける」をモットーとしたサービスを、これからますます充実させたいと考えています。

しかし、あまり人数が増えると、一人ひとりへの対応が十分にできなくなる可能性があります。それは私の本意ではありません。

そこで、有料会員の人数を300名に限定することにいたしました。人数に達し次第、一旦募集を締め切ります。

(2)パイロット運用・Webセミナーのサービスを開始

自社によるパイロット運用を2019年から開始します。これは、銘柄を推奨するだけでなく、当社自ら投資を行い、その都度売買内容を会員にお伝えするものです。

これにより、売買のタイミングまでタイムリーにお伝えできます。長期的にはバリュー株投資によって資産が増えることを実証したいと思います。

さらに、月に1回程度Webセミナー(ウェビナー)を実施します。相場や推奨銘柄のタイムリーな情報提供、チャットを用いたリアルタイムでの質疑応答を行います。すでに数回実施し、ご好評いただいています。

(3)今だけ入会金無料!

新たなサービスの開始でお手数をおかけすることもあるかもしれません。そこで、当面の間、入会金を無料といたします。(会員が300名に達したら終了します。)

相場が軟調となっている今だからこそ、バリュー株投資家にとってはチャンスです。この機会に是非入会を検討してみてください。

入会はこちら

お問い合わせはこちら
※テレビ電話(Zoom)による入会相談を受け付けます。利用されたい方は「お問い合わせ」よりその旨をお伝え下さい。

Print Friendly, PDF & Email

執筆者

執筆者:栫井 駿介

栫井 駿介(かこい しゅんすけ)

つばめ投資顧問 代表
株式投資アドバイザー、証券アナリスト
ビジネス・ブレークスルー(株)「株式・資産形成実践講座」講師

詳細はこちら
サイト訪問者限定プレゼント
あなたの資産形成を加速させる3種の神器を無料プレゼント

プレゼント①『株式市場の敗者になる前に読む本』
プレゼント②『企業分析による長期投資マスター講座』第一章
プレゼント③『YouTubeプレゼン資料』

メールアドレスを送信して、特典をお受取りください。
メールアドレス *
※送信したメールアドレスに当社からのお知らせやお得な情報をお送りする場合があります。

※個人情報の取り扱いは本>プライバシーポリシー(個人情報保護方針)に基づいて行われます。
※送信したメールアドレスに当社からのお知らせやお得な情報をお送りする場合があります。
※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

4 件のコメント

  • コメントを残す

    Popular Article - よく読まれている記事Popular Article

    • 【ソフトバンク】総合利回りは10%!?株主優待と配当金の継続性を考える
      今回はその株主優待と配当の継続性、最新の決算分析を行います。 株主優待と株式分割の発表 まず一つ目のトピックとして、株式分割と株主優待の設定...
    • 【キヤノン】4年ぶり営業減益で株価大幅下落!買える?
      今回は直近で株価が下がったキヤノンについてです。 コロナ後は株価が回復してきましたが、このまま好調でいられるのでしょうか。 改めて、キヤノン...
    • 【日本製鉄】2024年度大幅減益予想!株は売るべき?
      今回は日本製鉄についてです。 直近で決算が発表されましたが、2025年3月期の予想が大幅減益ということで、株価が下落しました。 日本製鉄は今...
    • 東京エレクトロン、SCREEN、ディスコ…半導体市場における日本企業の強みとは?
      今、半導体銘柄が特に大きく下がっていて、それが日経平均を押し下げているという状況です。 半導体銘柄を持っていて、不安を感じている方も多いので...
    • 株価が下げ止まらないエムスリー。反発の可能性は?
      今回はエムスリーについてです。 エムスリーの株価はこの2~3年株価が下がり続けています。 かたや数年前は、日本ではまれに見る成長企業というこ...

    Article List - 記事一覧Article List

    カテゴリから記事を探す