三菱サラリーマンさんのセミリタイアで思うこと。お金と幸せは一致しない。それでも資産運用を勧める理由

Print Friendly, PDF & Email

ブロガーの三菱サラリーマンさんが、念願のセミリタイアを達成したことが話題になっています。

彼は、これまで三菱を冠する会社に務めながら、徹底的な節約により給与の8割を高配当株(米国株中心)に投資することで、月30万円の配当金収入を確保していました。

その根幹にあるのは、サラリーマンを辞めてセミリタイアするという目的でした。30歳にして早くもその目的を達成したことになります。

これだけ若くしてセミリタイアしたことに賛否があるようですが、私は彼の気持ちがよく分かる気がします。なぜなら、私も同年代で、彼と似たようなキャリアを歩んできたからです。

私も彼と同じように周りに流されて就職を決めていました。しかし、いざ入った職場は昔ながらの会社で、上から価値観を押し付けられることに窮屈な思いをしていました。

例えば、自分がやりたい仕事があったとしても人事異動を待つしかありません。また、突然転勤を言い渡される可能性もあり、住む場所すら自分で決められないのです。

確かに収入は同世代としては高く、29歳で独立した時には「もったいない」と言われました。しかし、実際にそれなりの収入を得て思ったことは、お金があったからと言って、幸せの度合いは変わらないということです。

僕が幸せを感じるのは、コーヒーを飲みながら本を読んでいるとき、彼女・妻とファミレスで話しているときです。これは、年収が300万円だろうと1000万円だろうと変わることはありません

収入によって幸せが大して変わらないのだとしたら、生きるために必要な最低限の収入を得たら、余計なものに縛られず自分の好きなことをするというのが本当に良い生き方ではないでしょうか。

僕は決してサラリーマンという生き方を否定するわけではありません。しかし、そのために自分を抑えつけて生きているとしたら、こんなにもったいないことはないと思うのです。

逆説的ですが、資産運用をすることは、お金に縛られない生き方をする第一歩になります。資産運用でそれなりの資産や配当収入を得ることができれば、現在の職場や収入の多寡に縛られない自由な生き方ができるからです。

今、僕自身は自分の好きな株式投資や企業分析を仕事にしています。このスキルで、1人でも多くの方を幸せにできれば、僕としてもこんなに良いことはないのです。

お金と幸せ――これを永遠のテーマにこれからも仕事に邁進していきたいと思います。


サイト訪問者限定 電子書籍プレゼント

当社が発行する電子書籍『株式市場の敗者になる前に読む本』(定価 1,200円)を特別に無料で贈呈します。

メールアドレスを送信して、本をダウンロードしてください。無料メルマガの登録もこちらから行えます。

※送信したメールアドレスに当社からのお知らせやお得な情報をお送りする場合があります。


※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。