【長期投資の極意】長期投資をする理由は「確実性」が高いから。株式投資におけるリターンの特性とインデックスを上回るための考え方を実例を使って解説します

Print Friendly, PDF & Email

YouTubeに動画をアップロードしました!

以下、文章化したものです。


つばめ投資顧問の栫井です。

つばめ投資顧問では皆様に長期投資をお勧めしています。

なぜ長期投資にこだわるのか、この動画ではその内容について説明させていただきます。

これを見ればあなたも、これから今すぐに長期投資を始めたいという気持ちになるはずです。

長期投資のメリット


まず長期と言うと勘違いされやすいのは、とりあえず銘柄を買って、それをただ持ち続ければいいと思っている人が少なくありません
 
これは明確に違います。

私の考える長期投資とは、長期のスパンだからこそ成果が得られるもの、逆にいえば長期で成果を得られさえすればそれでいいと考えられています。

もっと具体的に言うと、短期的に見た株価というのは、非常に大きく動きますし、予想出来ません。

例えば今年1年で大きな成果を出しても、来年どうなるかは分かりません。

こうやって計画性を持って、投資を短期や中期で結果を出す事は簡単ではありません。

一方で、長期投資というのは時間をかければかけるほど、ある程度の水準に収斂します。

だからこそ計画性を持って、資産形成出来るという事が大きなメリットです。

具体的に見てみましょう。
 


これがある例です。

1年目にAさんは+50%非常にうまくいって100万円が150万円に増えたとします。

一方で、Bさんはあまりうまくいかず-10%100万円が90万円になってしまいました。

これだけ見るとAさんがすごく良かったのではないかと思えます。

短期の結果は読めないと言いました。

実際に短期で見てみると、非常にこの結果大きくぶれます。

Aさんに関してはマイナス30%になりました。

すると1年目の終わりは150万円あったものが、2年目の終わりには105万円になってしまいました。

これは結局2年で5万円しか増えなかったという結果になります。

一方でBさんは1年目の失敗を糧に、2年目も続けていたら2年目は+20%の成果を残すことが出来ました。

すると90万円が復活して108万円まで増えました。

トータルで見ると、2年目の終わりにAさんは大きく動いて増えたのですが、結局はプラス5万円。

Bさんは逆に1回は減りましたが、トータルで見たら+8万円と、同じような水準に収まりました。

このように投資のせいかというのは、1年1年で見ると大きな差がありますが、長いスパン連続して見れば、やがて同じような水準に落ち着いてくると言われています。

図で表すとこのようなものになります。
 


右軸が時間、縦軸がリターンです。

最初の1年目は儲ける人もいれば、マイナスになってしてしまう人もいるでしょう。

しかしこれが時間が経つにしたがって、段々とプラスだった人はマイナスに、またマイナスだった人はプラスにというような形で進んでいきます。

このように、どんどんこの差ががなくなっていって、やがてはこれがだいたい7%ぐらいの水準に収まってくると時言われています。

だからこそ私は長期で、最終的には平均で見た時に7%の水準に落ち着けば、それでいいと考えています。

もっともこの7%という数字を決して小さいと思ってはいけません

これ長期の時間軸の中での話ですので、年7%あれば、10年経てば元々の元本が倍になる数字です。

それが20年あれば4倍、30年になれば8倍、ということになりますので時間が経てば経つ程ブレはありながらも着実に増えていきます。

個別株投資はインデックス投資を上回ることができる


ただここで一つ問題になるのが、どうせ平均に落ち着くという事なら、インデックス投資をしていれば良いのではないかと言われます

一方で私のサービスでは個別株への投資をお勧めしています。

なぜならしっかりと銘柄を選んで、良い物だけを残していけば長期的には、必ずこのインデックスを上回ることが出来ると思っているからです。

それを具体例で示してみましょう。
 


青がユニクロのファーストリテイリングです。

赤がトピックス、東証の平均の株価という事になります。

見事にユニクロの株価がトピックスを大きく上回っています。

トピックスは+50%だったのに対して、ユニクロはこの10年で4倍に膨れ上がっています。

これは単に運が良かったというだけではないと思います。

それはこのグラフを見ていただければわかると思います。
 


EPS一株当たり株価とBPS一株当たり純資産の推移なんですが、ユニクロは素晴らしいビジネスをしているので、事業をちゃんと成長させてEPSもBPSもおよそ5倍になっています。

それに対して株価が4倍になったという事ですので、これはユニクロが素晴らしい会社を持ち続けたからこそ株価が上昇したという事になります。

一方でトピックスはと言いますとあらゆる企業入っていますので、良い企業も入っていますが、中にはそうではない企業も含まれています。

だからこそこの個別株投資をやるからには、良い企業だけを残して、悪い企業は売らなければなりません。

したがってやはり駄目な企業は持ち続けても増える事はありません

ダメな企業は切って、良い企業を買ってという、この入れ替えをどんどんやっていく事が長期投資の秘訣になります。

だから最初に言ったように、決して売らないという事ではなくて、良い企業にどんどん入れ替えて、最終的に自分のポートフォリオを良い状態で長い時間続けていく事が肝心です。
 

「クオリティ」「バリュー」「タイミング」


個別株投資がインデックス投資を上回る為には、3つのポイントがあると思っています。

一つは今言ったような『クオリティー』。良い株を持ち続けて、悪い株は切るという事。

もう一つは『バリュー』。これは割安な物を買って、割高な物を売るという事です。

割高な物がいくら成長した所で、その成長はすでに株価に織り込まれていたりすると、いくら株価が成長してもそれ以上株価が上がらなかったり、仮に業績が増えたとしても、それが人々の期待に届かなかったら逆に株が下がってしまう事もあります。

そうではなくて十分に適正な評価を受けている企業、適正な株価が付いている企業買っていく事で、初めて株価が伸びていく事になります。

これがバリューの考え方です。

そして『タイミング』。

市場全体が調子の良い時に高すぎる時に買ってしまうと、なかなかプラスの成果は得られません。

これはつまり逆に言えば、株価が下がっている時にこそ長期投資では買い時であります。

当然安く買った方がプラスの幅というのも、もちろん大きくなりますので長期投資では、このような時を見計らって、粛々と買い付けていく必要があります。

先ほどのユニクロのグラフに戻ってみましょう。
 


例えばこの頂点の所で買ってしまうと、未だにマイナスという事になっています。

一方で少しでも安い時に買っていれば、少しでもプラスになる可能性はもちろん上がっています。

この10年前というのはリーマンショック直後で株価が下がっている局面でしたので、その時に買えたからこそ4倍という成果を得られました。

その一方で、アベノミクス後に投資した投資家というのは成果を得られていません。

従ってこのタイミングの選び方というのも非常に重要になってきます。

ただここで難しいのは、最初にクオリティ、つまり良い企業を買うと言いました。

良い企業というのは、どうしてもやはり多くの人が良い企業だと認識しています。

株価としては人気化してしまいがちです。

そういったすでに人気化してしまった企業を買うと、長期的なリターンを得るのは難しくなってしまいます。

だからこそ企業はクオリティとしては素晴らしいのですが、まだ多くの投資家が気づいていなくて、あるいは何らかの悪材料によって株価が下がった物を買うという、いわば人々の逆を行かなければなりません。

投資の格言でも「人の行く裏に道あり花の山」という格言があります。

これは絶対に忘れてはならない、何度でも使える格言だと思っています。

人々が行きたがらない所、人々が欲しがらない銘柄、そして人々が買いたがらないタイミングにこそ長期投資のチャンスが眠っている事が歴史を通じて、間違いない事だと言えます。

もちろん何でも良いという訳ではなくて、ちゃんとクオリティのある、中身の素晴らしい企業を買う事が絶対の条件となります。
 

成功の秘訣


最後に長期投資の成功の為の秘訣を言うならば3つ。

一つは続ける事。

長期でないと成果が出るかわからない訳ですから、儲かって、すぐに辞めてしまったら長期の成果を得られません。

また失敗したからといって今後成功しないとは言い切れません。

それで精度を上げていきます。

必ずどっかでプラスになって、やがて平均、あるいは平均以上を行く事が十分可能です。

何よりもまず続けてください。

二つ目は沢山買うという事。

少ししかお金を入れなかったんであれば、得られる成果は少しにしかなりません。

特に長い期間で見ると、その差は明確になってきます。

例えば年率7%、平均で7%だった時に30年続けた時に100万円しか投資していなかったら8倍になるのですが、100万円の8倍ですから800万円にしかなりません。

これが200万円投資していれば、200万円の8倍、1600万円になります。

老後2000万円問題が問題になっていますが、これが200万円あれば、30年あれば1600万円までは少なくとも平均的に到達出来るという事になります。

さらに言うとこれを1000万円投資出来たとしたら、8倍で8000万円までは伸びる事になります。

もうこれだけあれば投資としては、十分な成果という事が出来るではないでしょうか。

そして最後に待つ事の重要性です。

どうしても投資を始めると、今すぐ投資してしまいたくなるんのですが、それをグッと堪えて下さい。

なぜなら、今まで説明したように買いのタイミングというのは、そう訪れるわけではありません。

特に良い企業、良い銘柄に関しはそう下がりませんので、相場全体が下げている時や、不意の悪材料などで売り込まれた時に集中的に買いを入れる。

そうすることでインデックス上回る事が出来ます。

また売るのも焦ってはいけません。

なぜなら上がる瞬間というのは、実はこれもかなり限られていて、ずっと持っていないと上がる瞬間『イナズマが走る瞬間』と言われていますが、その瞬間に居合わせる事が出来ません。

これもグラフを見てみるとよくわかるのですが、ユニクロのグラフです。

持っていてもずっと上がらない期間が続いたと思ったら、このアベノミクスの初頭でグッと上がって、しかしこの期間わずか1ヶ月か2ヶ月しかありません。

この期間まで持ち続けていなかったら大した成果は得られなかったということになります。

また2015年の急に上がった瞬間もわずか数カ月程度です。

このように次々に上がった瞬間ありますが、上がる瞬間とやはり一部しかなくてその期間まで持ってないといけません。

例えて言うならば、あなたがオーロラを見に行ったとして、しかしそう簡単には現れるものではありません。

それを辞めてしまったら、結局見られないまま終わります。

しかしそれをずっとしぶとく待ち続けていたら、必ずいつかその瞬間に居合わせることが出来て、これまでの成果が報われます。

我慢出来ずににすぐに売ってしまっていたら、そのオーロラを見る事が出来ずに、延々横這いのポートフォリオで終わってしまいます。

だからこそ長期投資では長く持った方が良いという事になります。

もちろんそのオーロラが現れる瞬間が明確にわかれば良いのですが、多くの普通の投資家はそれを予測することが難しいです。

だからこそ長く持って、それを続けるという事です。

しかしオーラロが見えない所で居続けても仕方がありません。

オーロラが見続けられる位置で長く待って、そしてやがてオーラロを見る事で、その成果が報われるという、これが長期投資の秘訣になります。

サイト訪問者限定 電子書籍プレゼント

当社が発行する電子書籍『株式市場の敗者になる前に読む本』(定価 1,200円)を特別に無料で贈呈します。

メールアドレスを送信して、本をダウンロードしてください。無料メルマガの登録もこちらから行えます。

※送信したメールアドレスに当社からのお知らせやお得な情報をお送りする場合があります。


※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。