退職後に必要な資金は3000万円?人生100年時代を乗り切るためにお金よりも大切なこと

Print Friendly, PDF & Email

金融庁から「『高齢社会における資産形成・管理』報告書(案)」なるものが出されました。要約すると以下のような内容です。

  • 長寿化の進行、所得・退職金の減少により、長生きするほどお金が足りなくなる
  • 年金生活世帯で月平均5万円の赤字20年で1,300万円、30年で2,200万円の資産取り崩しが必要になる
  • 将来の資金不足に備えて「自助」の資産形成を行うべき

これに対し、国はあまりに無責任だという論調が溢れています。年金制度は「100年安心」のはずだったのではないかと。

しかし、人口構成を見ればこうなることは20年前から分かっていました。ここまで放置してきた政府にはもちろん責任がありますが、文句を言おうと何も出てきません。賢い人は自ら動く必要があります

「長生きリスク」に対応するために私たちができることは、大きく2つあります。

  • できるだけ長く働く
  • 若い時から資産形成を行う

働き続けることは何にも勝る。楽しめる仕事を見つけよう

働き続けられれば、どれだけ長生きしようと心配することはありません。貯金がなくても何も困ることはないでしょう。

実際に、日本人男性の65~69歳における労働力率は男性で55%と、先進国で突出して高くなっています

年金受給年齢を引き上げれば、高齢者の労働力率はさらに上昇するでしょう。人手不足が叫ばれる昨今、働き口には困りそうにありません。これだけで、社会的に問題は解決しそうに思われます。

ただし、問題はその仕事が楽しいかどうかです。楽しくもない仕事を続けているのは、苦痛でしかありません。「そんなに高齢まで働きたくない」と思っている人は、今の仕事が楽しくないのでしょう。

つまり、本質的な解決策は、楽しめる仕事を見つけることです。それが決して高給でなくとも、自分の食い扶持さえ稼げれば良いのですから、毎日残業してまで働く必要はありません。

私に関して言えば、今の仕事を好きでやっていますし、生涯引退するつもりもありません。肉体労働でもないので、頭が働く限り続けられます。そのため、老後への不安は特にありません。

やりたいことが仕事以外なら資産形成を。続ければチャンスは必ずやってくる

一方で、やっぱり老後は働かずにゆっくり過ごしたいと考えていたり、やりたいことが仕事ではない人もいるでしょう。

そういう人は、本格的に資産形成を行う必要があります

金融庁は、「長期・積立・分散」要するにインデックスファンドへの積立投資を勧めています。非常に手堅い手法であり、長期での投資を考えるなら預貯金より有利と言えるでしょう。

ただし、この方法には弱点があります。それは、投資知識が身につかないということです。

毎月決まった金額を、同じファンドに投資し続け、結果だけ見る。確かに手間も少なく楽なのですが、期待リターンは年率7%程度です。毎年50万円ずつ積み立てて、20年でようやく2,400万円に到達します。

しかもこれはあくまで机上の話で、市場が割高な時に始めると期待リターンは大きく低下します。積立投資は「思考停止」に他なりませんから、割高かどうかの判断ができないのです。

一方、ずっと個別株投資を続けていると、チャンスを見極める力がつくようになります。

例えば、リーマン・ショックです。世間は悲観に包まれましたが、この時日経平均株価に投資しているだけでも10年で3倍、年率にして11.6%上昇しました。

ここで日経平均ではなく、ニトリ(9843)に投資していれば、10年で6倍、年率19.6%のリターンになったのです。

要は銘柄選択と投資タイミングを見極める能力です。少しでも早くから頭を使って個別株投資をすることで、チャンスが来た時に大きく出ることができます。これを続けていれば、2,000万円と言わず1億円に到達することも夢ではないでしょう。

アベノミクスは多くの「億り人」を排出しましたが、その大部分はリーマン・ショック前から個別株投資を続けてきた人たちでした。早く始めて、やめずに続けることが大切なのです。

お金はあくまで手段。人生の目的を見つけよう

ただし、「億り人」になることは手段でしかありません。経済的な不安から開放されたら、次にやるべきことを見つけましょう。

仕事が好きなら仕事を続けたらいいと思いますし、それ以外にやりたいことがあるなら、不安なくそちらに打ち込めるでしょう。お金があるということは、人生の選択肢が増えるということに他ならないのです。

本当に大事にすべきなのは、あなたがどう生きたいかです。明治~昭和を生きた大投資家の本多静六は、現在の価値で100億円の資産を築きながら大学教授の職を全うし、日比谷公園の設計など後世に残る仕事を成し遂げました。

本多静六に学ぶ、普通の人が人生を豊かにする投資法

2018.02.13

再度言いますが、お金は目的ではなく手段です。手段が増えれば達成できる目的も増えます。

私の仕事は、人生の手段であるお金を増やすお手伝いをすることです。そして、目的を見つけるのはあなた自身を置いて他にいません


サイト訪問者限定プレゼント

当社が発行する電子書籍『株式市場の敗者になる前に読む本』(定価 1,200円)を特別に無料で贈呈します。

メールアドレスを送信して、本をダウンロードしてください。

※送信したメールアドレスに当社からのお知らせやお得な情報をお送りする場合があります。


※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

気に入ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

2 件のコメント

    • ご自身を見つめ直すしかありませんが、私は自分のやりたいこと・やりたくないことを紙に書き出して整理しています。何より、動き出してみることが大切です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    つばめ投資顧問 代表。東京大学経済学部卒、豪BOND大学MBA修了、証券アナリスト。バリュー株投資の考え方をベースに個人投資家の資産形成をサポートします。著書『株式vs.不動産 投資するならどっち?』(筑摩書房)